専門医療分野

  • Home
  • 専門医療分野
  • 地域包括ケア病床

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床とは

急性期治療後の患者さんや病状が安定した患者さんに対して、在宅や介護施設への復帰支援を行う病床です。

当院の地域包括ケア病床は2階病棟の一部(20床)となります。

対象となる患者さん

  • ・自宅退院や施設退院へ向けたリハビリなどの療養準備が必要な方
  • ・入院治療により症状は改善したが、もう少し経過観察が必要な方

イメージ

一般病床より地域包括ケア病床へ移動していただく場合は、主治医が判断し移動後継続入院となります。
入院期間は状態に応じ調整いたしますが、60日を限度としております。

イメージ

地域包括ケア病床での退院支援

在宅復帰に向けて、医師や看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士等により、治療・支援を効率的かつ積極的に行うと同時に、医療相談員が患者さんの退院支援、退院後のケアについてサポートさせていただきます。

入院費用について

入院費用の計算方法は定額制(1日あたり)で入院基本料、投薬料、簡単な処置料、検査料、画像診断、リハビリ等の費用が含まれます。一般病棟とは入院費の計算方法が異なるため、自己負担額が増減する場合もありますが、所得に応じた自己負担限度額に達している場合は、自己負担額に変更はありません。

※一般病棟と同じく医療保険、高額医療費助成制度の対象となります。
※差額ベッド代・病衣・おむつ代など保険診療対象外の費用は含みません。
詳しくは1階の医事課へお訪ね下さい。