ごあいさつ

理事長 武内 秀之

理事長 武内 秀之

暲純会は昭和27年9月に創始者である武内暲純が津市北丸之内82に武内小児科医院を開設致しましたのが礎であります。昭和34年5月には武内純四郎と共に20床の病院を開院致しました。その後、平成3年4月に医療法人 暲純会、さらに平成19年3月にはより公益性の高い特別医療法人 暲純会、平成24年3月には特定医療法人 暲純会となり、現在に至っております。

暲純会は、令和4年5月1日から武内病院の新築移転に伴い、地域包括ケアシステムに合った医療が提供できるよう法人内で大幅な再編を行います。「武内病院」 「榊原温泉病院」 「津ファミリークリニック」 「津看護専門学校」の4施設から成り立っておりましたが、人工腎センターが「津腎クリニック」となり、5施設での運営を行っていくこととなります。新武内病院は、新築移転により病床数を180床に増床し、大学病院や一般の急性期の医療機関と今まで以上に連携をとりながら、津市の急性期医療の一端を担えるよう努力してまいります。榊原温泉病院は医療療養病棟を中心におくことで、地域医療の受け皿となります。津腎クリニックは透析サテライトとして、300名以上の透析患者さまの診療を行い、津ファミリークリニックは地域に密着した総合診療と訪問診療にさらに力を注いでまいります。またケアシステムとは別に津看護専門学校は既に約850名を超える看護師を育成し、地域医療に貢献しております。

暲純会の理念であります“地域の皆様が安心して医療が受けられる、温かい医療環境の提供に努めます”を基本方針として、少子高齢や日々高度専門化する医療に対応しながら、今後も地域住民の方々から信頼され、ご支援いただける医療法人として全職員、全力をあげて努力してまいる所存です。

院長 武内 操

院長 武内 操

武内病院は約55年にわたり、津市と周辺地域の急性期・慢性期・腎疾患の専門医療を担う病院としての役割を果たしてきました。建物の老朽化と狭小化が課題となり、新病院の建設案が浮上してから約10年を経て、令和4年5月新病院の開院を迎えることになりました。これもひとえに関係者の皆様のご尽力と地域の皆様方のご理解の賜物と心より感謝申し上げます。

新病院は伊勢自動車道と中勢バイパスの交通の要所に立地し、津市の二次救急病院としての責務を担うため救急部門の拡充を行い、画像機器を一新、また手術室3室とアンギオ室を新設しました。榊原温泉病院より整形外科と回復期病棟を移転、がん化学療法のため外来化学療法室を新設しました。診療科も充実させ、三重大学病院と連携し診療を行っていきます。今までの人工腎センターを津腎クリニックに変更し外来透析を行い、新病院では慢性腎臓病予防から合併症治療を、榊原温泉病院では慢性期治療を行うよう機能分化しました。

病院スタッフ一同、地域の皆様に最良の医療と入院環境を提供し、今後も高い評価と大きな信頼とご支援の得られる病院となるよう、より一層の努力を重ねてまいります。

今後とも、ご支援ご鞭撻のほどよろしくお願い申しあげます。

診療スケジュール

病院概要

所在地 三重県津市一色町215番地1
敷地面積 17,045.96m²
施設 12,873.86m²(延床面積)
病床数 180床
診療科

内科、循環器内科
消化器内科、血液内科
腎臓内科、外科
整形外科、泌尿器科
神経内科、放射線科
リハビリテーション科

フロア案内

1F

2F

3F

4F

アクセス

交通のご案内

公共交通機関でお越しの方

  • 循環バスを運行しています。
  • 休診日は運休します。

← 横スクロールしてご覧ください →

透析センター 新町駅
(ミニミニ前)
新武内病院 榊原温泉病院
7:40
8:00
8:15
8:40
9:20
9:00
9:35
9:50
10:20
10:05
10:35
10:50
11:20
11:05
11:35
11:50
12:10
13:30
13:15
13:00
13:45
14:00
18:30
18:15
18:00
17:30

お車でお越しの方

津ICすぐ