尿路結石粉砕治療

尿路結石粉砕治療

当院では尿路結石治療で、麻酔無しでの治療が可能な体外衝撃波(ESWL)装置を東海3県で最初(1987年)に導入し、尿路結石の治療を行っています。2012年末で100,00例の患者さまを治療し、現在年間400例程の実績があり良好な成績を保っています。また、経尿道的尿路結石除去手術(レーザーによるもの)も行い治療の選択肢を増やしています。

詳しくはこちら

地域包括ケア病床

一般病棟(急性期)での治療が終わられたものの、すぐにご自宅に帰ったり、施設等へ入るには不安のある患者さまに、しばらくの間入院療養を継続しながら「在宅復帰に向けた準備を整える」ための病床です。看護師、リハビリスタッフやMSW(医療ソーシャルワーカー)等が協力し、在宅復帰に向けた相談準備を行います。また、在宅からのレスバイト入院もご相談下さい。

詳しくはこちら

地域包括ケア病床