部門紹介

  • Home
  • 部門紹介
  • リハビリテーション室

リハビリテーション室

リハビリテーションにおける最大の目的は、長期安静臥床による身体機能低下の予防および回復を図る事であり、早急に適切なリハビリテーションをおこなう事はその後の回復過程に大きく影響を及ぼします。その為に当院では、様々な疾患によって入院された患者さまに対し、医師の指示の下において可能な限り早期からリハビリテーションを開始しています。

リハビリテーション部では、患者さま一人ひとりの状態を正確に評価させて頂くことを第一に心がけています。その結果をもとにリハビリプログラムを立案し、日常生活動作や基本動作(起き上がりや立ち上がりなど)および歩行の獲得を目指していきます。

また、患者さまが住み慣れた地域へ戻り再び生活して頂ける様に、医師・看護師・リハビリスタッフ・地域連携室等の他部門スタッフと密な連携を取っています。それぞれが持つ専門知識を共有することで、安心な自宅復帰や社会復帰をして頂く為に、包括的なチームアプローチを実践しています。

リハビリテーションの対象疾患の例
  • 脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患
  • 大腿骨や脊椎等の骨折などの運動器疾患
  • 肺炎後や外科疾患の術後等の安静からの機能回復

当院では入院された患者さまに対し、医師の指示の下において可能な限り早期からリハビリテーションが開始されます。

寝たきりによる運動機能低下の予防や身体機能の回復を図り、医師・看護師・地域連携等の他部門スタッフとの連携によるチームアプローチによって、自宅復帰や社会復帰に向け包括的なリハビリテーションを実践しています。