受付時間 医療関係者 採用情報

検査部

検査部では、受診される患者様のためにさまざまな臨床検査を行い、病態の把握・治療方針の決定・治療後の経過観察などに欠くことのできない情報を、正確かつ迅速に提供できるよう努めております。

臨床検査とは

臨床検査は、血液や尿、細胞などを調べる『検体検査』と、心電図、超音波検査など患者様の体を直接調べる『生理機能検査』に分かれ、当院では次のような検査を院内で行っております。

検体検査

尿・便などの一般検査

尿中に含まれるさまざまな成分を調べて腎臓や肝臓の異常を検出したり、消科化器の異常の有無を検査します。また、尿中に含まれる細胞を調べ、異常細胞等の検査を行っています。

血液検査

血液学的検査

血液中の細胞を調べ、白血病、貧血、炎症の有無を検査します。

生化学検査

血液中の酵素、脂質、蛋白、ホルモンなどを調べ、各種臓器の異常を把握する検査です。

免疫学検査

腫瘍マーカー、ウイルス抗原・抗体価などを調べ、腫瘍の有無、感染症の有無を検査します。

輸血検査

輸血を行う際に必要な血液型検査、交差適合試験を行っています。

その他

細菌培養検査結果を院内感染制御チームと共有し、院内感染防止対策に取り組んでいます。

生理機能検査

心電図検査

12誘導心電図、運動負荷心電図、24時間心電図を行っています。

呼吸機能検査

肺活量、努力性肺活量、最大換気量の検査を行っています。

超音波検査

心臓、消化管、腎臓、血管、乳腺、前立腺等の各種超音波検査を行っています。

神経伝導検査

末梢神経を皮膚上で電気刺激し、末梢神経疾患、脊髄疾患などの検査を行っています。

その他

ABI(脈波)検査、睡眠時無呼吸検査(SAS)などを行っています。