受付時間 医療関係者 採用情報

臨床工学部(CE部:Clinical Engineer)

臨床工学技士(CE:Clinical Engineer)は、医療機器の専門職であり、医師・看護師・その他コメディカルと共に医療機器のスペシャリストとしてチーム医療に貢献しています。

24時間365日安全安心な医療提供ができるよう、医療機器の保守管理・操作を行っています。

業務は、高度医療機器管理・血液浄化・アンギオ業務・手術室業務が主な内容になります。

医療機器管理業務

輸液/シリンジポンプ、人工呼吸器、生態情報モニタ、低圧持続吸引器などを書く病棟へ貸出し、返却された機器を清掃・点検・メンテナンスをすることで安全安心に使用できる状態にしています。

また医療機器を定期的に点検することで医療機器の安全の質の向上に努めており点検記録などデータベース化し、点検履歴や点検内容を記録・保管しています。

また呼吸療法業務では、人工呼吸器の操作、保守点検管理を行っています。

稼働中は、安全に装置が使用されているか日々確認しています。

血液浄化業務

腎機能が低下した患者に行われるRRT(Renal Replacement Therapy:腎代替療法)に携わっており、必要な機器の操作・保守管理も行っています。また、徹底した水質管理を行うほか、シャント管理や透析通信システムを用いて安全で質の高いRRTを目指しています。

RRT以外にもCRRT(Continuous Renal Replacement Therapy:持続的腎代替療法)、PE(Plasma Exchange:血漿交換)やPA(Plasma Adsorption:血漿吸着)などの特殊血液浄化業務にも対応しており、VAエコーやVAIVT業務への介入も行っております。

アンギオ業務

心臓血管カテーテル治療、下肢や末梢血管に対するインターベンション治療などがアンギオ室で行われます。CEは各種装置の操作(イメージング機器、ポリグラフ)だけでなく、医師の介助も行っています。

また心臓ペースメーカ業務では、ペースメーカの動作チェックを行ったり、設定の最適化を行ったりしています。

手術室業務

手術室で使用される様々な医療機器の保守点検管理を行っています。